トレーニング

1,200m~2,200mの高地環境

高地とは、標高が高く気圧が低い「低圧低酸素環境」のことを指します。平地にくらべ体内への酸素供給量を減少させる高地に一定期間滞在しトレーニングすることは、安静時の呼吸・循環器系の亢進とトレーニングによる低酸素刺激の負荷の増強などによって、酸素運搬能力等の能力改善をもたらします。

医科学的には、赤血球やヘモグロビンの数が増えて、酸素の摂取能力と供給能力が増大するため、持久力が向上するといわれています。
また、近年の研究では、持久系種目だけでなく、短距離走や瞬間的なパワー発揮型スポーツにも効果的であることが明らかになっています。
このような高地でのトレーニング効果を利用して、マラソンの高橋尚子選手や野口みずき選手、競泳の北島康介選手らオリンピックで金メダルを獲得するなど効果をあげています。
ハイランド陸上競技場練習風景

飛騨御嶽高原高地トレーニングエリアには、1,200m~2,200mの標高に4つのゾーンがあり、個人の体力や目的に合わせたトレーニングが可能です。

ページの先頭へ戻る

COPYRIGHT © HIDA ONTAKE HIGHLAND Hight-altitude Training Area All Rights Reserved.